「シンカリオン」初の応援上映開催決定 TVシリーズのクライマックス2話をみんなで応援

(C) プロジェクト シンカリオン・JR HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

 劇場版「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」が12月27日に公開されることを記念し、「超進化研究所がおくる!『劇場版シンカリオン公開直前!テレビシリーズおさらい応援上映!』」の開催が決定した。11月21日に東京・新宿バルト9、愛知・イオンシネマ大高、大阪・イオンシネマ茨木の全国3劇場で行われる。

「シンカリオン」シリーズ初の試みとなる今回の応援上映では、テレビシリーズ第75話と第76話(最終話)を上映。かけ声や合いの手を入れたり、サイリウムやペンライトを振ったりしながら作品を鑑賞できる。チケット価格は1700円で、11月14日午前11時までチケットぴあでプレリザーブを受け付けている。なお、GYAO!では11月21日まで、第75話と第76話の無料配信を行っている。

「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、JR東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案による玩具シリーズのアニメ化で、鉄道をこよなく愛する速杉ハヤトらが、新幹線超進化研究所が開発した変形ロボット「シンカリオン」の運転士として、強大な敵に立ち向かっていく姿を描く。劇場版「未来からきた神速のALFA X」では、宇宙から新たな敵・ナハネの襲来により地球に危機が迫るなか、ハヤトの父ホクトが行方不明に。入れ替わるように時空を超えて現れてやってきた9歳のホクトは、平和を守り元の世界に帰るため、ナハネが狙う新型シンカリオン「ALFA-X」の操縦士になることを決意する。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9163523