「ゼンダマン」から「きらめきマン」まで…「タイムボカン」6作品のブルーレイが5カ月連続発売

(C)タツノコプロ
(C)タツノコプロ・テレビ東京

 老舗アニメーションスタジオ・タツノコプロの看板作品「タイムボカンシリーズ」から、6作品の「全話いっき見ブルーレイ」が5カ月連続でリリースされることが決定した。

タイムスリップ冒険物の要素とヒーロー物の要素を合わせることで、シリーズの方向性を開拓した第3作「ゼンダマン」が2020年2月21日にリリースされるのを皮切りに、正義の“オタスケマン”と悪の“オジャママン”とが歴史改変をめぐって激突する第4作「タイムパトロール隊 オタスケマン」が3月25日、シリーズで初めて主役人型ロボット“大巨神”が登場した第5作「ヤットデタマン」が4月24日、善と悪のサラリーマンが顧客争奪戦を繰り広げ、主役ロボット交代劇も描かれた第6作「逆転イッパツマン」が5月27日に発売。6月24日には「西遊記」をモチーフにコメディ路線への原点回帰を目指した第7作「イタダキマン」と、前作から17年ぶりとなる2000年に制作された第8作「タイムボカン2000 怪盗きらめきマン」が同時リリースされる。

「ゼンダマン」「タイムパトロール隊 オタスケマン」「ヤットデタマン」「逆転イッパツマン」が、ブルーレイ2枚組で各1万9800円。ブルーレイ1枚に全話を収録した「イタダキマン」と「タイムボカン2000 怪盗きらめきマン」は各9900円(価格はすべて税込み)。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9172158