『ガンダムEXVS2』アップデートで「ナラティブガンダム」と「ヤークトアルケーガンダム」がプレイアブル機体に!

アーケードゲーム『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』の11月14日(木)実施予定のアップデートで「ナラティブガンダム」と「ヤークトアルケーガンダム」がプレイアブル機体として参戦することが発表された。

『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』は、2018年10月30日より全国のゲームセンターにて稼働中の、アーケードゲームシーンをリードする2on2チームバトルアクションゲームの最高峰、『機動戦士ガンダムVS.』シリーズの最新アーケードタイトル。従来の基本的な遊び方や楽しさを踏襲しつつ、新基板・新筐体の採用により、グラフィック表現やバトルシステムをさらに進化させている。参戦作品は総勢39作品で、新規参戦機体を含め180機以上のモビルスーツが登場する。

今回のアップデートで新たにプレイアブル機体として参戦することになったのは、『機動戦士ガンダムNT』から「ナラティブガンダム」、『機動戦士ガンダム00V』から「ヤークトアルケーガンダム」だ。

『ナラティブガンダム』は射撃武装を主体とするB装備で中遠距離戦をこなしつつ、格闘戦を得意とするC装備に換装し敵機を圧倒する2000コストの万能機。B装備のサブ射撃は、有線式遠隔攻撃端末を飛ばしてビームを発射する攻撃で、遠距離からでも敵機にプレッシャーを与えることが可能だ。B装備の特殊格闘でNT-Dを発動、発動中はサブ射撃、特殊射撃の武装が変化、射撃戦で圧倒的な優位に立つことができる。
チャージ格闘で換装できるC装備は強力な格闘攻撃を繰り出せるだけでなく、特殊射撃ではフェネクスがアームド・アーマーDEを射出し援護してくれる。異なる特徴を持つ3つの形態を使いこなし、戦場を縦横無尽に駆け巡ろう!

そして『ヤークトアルケーガンダム』は、GNランチャーを始めとする豊富な射撃武装で中遠距離から牽制しつつ敵機に近づき、2本のGNバスターソードを用いた強力な格闘攻撃を叩き込む3000コストの格闘寄り万能機。サブ射撃のGNミサイルは移動しながら発射できる優秀な射撃攻撃になっているので、敵機をけん制しつつ、懐に飛び込む隙を伺おう。特殊射撃で射出するGNファングは敵機との距離によってビームを発射するか、突撃して攻撃を行う。ヒットさせた後は追撃で大ダメージを狙うチャンスだ。
特殊格闘はGNランチャーからビームを照射する。レバー入力によって移動しながらビームを照射する強力な攻撃で、一気に畳みかけることができる。遠距離から近距離まで隙の無い攻防で敵機を一気にせん滅せよ!

さらに、11月22日(金)~12月22日(日)には、エクストラ機体『イージスガンダム』が獲得できる『エクストラGチャレンジ』を開催。期間中にゲームプレイや筐体・ライブモニターへのカードタッチでもらえるGメダルを集めて『イージスガンダム』を獲得しよう!

◆機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2
ジャンル:2on2チーム対戦アクション
稼動時期 2018年10月30日より稼働中
プレイ人数:1~4人

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9151003