『仮面ライダーゼロワン』イズや腹筋崩壊太郎になれる!? ヒューマギアのアレが商品化

特撮ドラマ『仮面ライダーゼロワン』より、劇中に登場するヒューマギアが装着しているアイテム「ヒューマギアモジュール」がなりきり玩具「DXヒューマギアモジュール」(5,280円/税込)として商品化されることが明らかになった。11月1日11時からプレミアムバンダイで予約受付がスタートする。現在公式サイトがオープンしている。

ノーマルモードでは、通常時の青いLEDが発光し、イズ・或人の台詞が発動。滅亡迅雷モードでは、マギア化した際の赤いLEDが発光し、迅の台詞が発動する。バンドの長さはアタッチメントパーツによって28cmから33cmまで調整が可能。また、「ヒューマギアボディシール」が6枚付属し、ヒューマギアへのなりきり遊びをさらに楽しむことができる。

(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9146883