『遊戯王 デュエルリンクス』カイトロイド×ラヴァゴデッキレシピ(セラ使用)

2019年11月、『遊戯王 デュエルリンクス』に「カイトロイド」が登場しました。

今回はこちらのカードを入れたデッキの話です。

このページの目次

1 カイトロイド×ラヴァゴデッキ2 デッキレシピ3 キーカードと主な戦術3.1 溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム3.2 カイトロイド3.3 アマゾネスの剣士3.4 翻弄するエルフの剣士3.5 ホーリーライフバリアー4 戦術5 注意■カイトロイド×ラヴァゴデッキ

今回紹介するのは、「カイトロイド」を入れた「溶岩魔人ラヴァ・ゴーレム」デッキです。

相手のモンスターを除去しつつ、じわじわとダメージを蓄積させていく嫌がらせのようなデッキですね。

「トリックスター」が存在しないデュエルリンクスでは、ラヴァゴデッキは代表的なバーンデッキとされています。

■デッキレシピ

カイトロイド×ラヴァゴデッキのレシピはこちら。

▼メイン

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム×3

アマゾネスの剣士×2

翻弄するエルフの剣士×3

カイトロイド×2

クリボー×2

ドレインシールド×3

分断の壁×3

ホーリーライフバリアー×2

▼エクストラ

なし

キャラクターは「セラ」、スキルは「ディフェンス・チャージ」を使用。

ディフェンス・チャージ

自分フィールド上の表側表示モンスター1体の守備力を次のターン終了時まで今のターン数×200増やす。このスキルはデュエル中1度しか使用できない。

■キーカードと主な戦術

カイトロイド×ラヴァゴデッキのキーとなるカードは、以下の通り。

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムまずはラヴァゴ。欠かせないエースモンスターです。

攻撃力3000、守備力2500

レベル8

このカードは通常召喚できない。

相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に相手フィールドに特殊召喚できる。

このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

①自分スタンバイフェイズに発動する。

自分は1000ダメージを受ける。

相手モンスターを2体リリースし、相手のフィールドに特殊召喚できるモンスターですね。「自分は1000ダメージ」とありますが、この自分とはラヴァゴをフィールドに送られた相手のことです。

メリットは

・破壊、除去耐性持ちを墓地に送れる

・毎ターン相手に1000のバーンダメージ

デメリットは

・そのターン自分は通常召喚できない

・攻撃力3000を相手に与えてしまう

といったところです。

カイトロイドこちらは、手札から使用するカードです。

いわゆる手札誘発ですね。

相手が直接攻撃をしてきた時、手札から捨てることでダメージを0にします。

さらに、墓地の「カイトロイド」を除外することで、もう一度ダメージを0にします。

つまり、

・ラヴァゴ特殊召喚ターンは通常召喚できないけど、「カイトロイド」が手札にあれば2回まで攻撃を防げる

・魔法罠と違いフィールドに伏せなくていいので、除去されにくい

というカードです。

アマゾネスの剣士攻撃力1500 守備力1600

レベル4

このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。

守備表示の壁を殴ってよし、攻撃表示にしておいてラヴァゴに殴られても、相手がダメージを受けるのでよしのカード。

ラヴァゴの1000ダメージと組み合わせて使うと、かなりうざいカード。

翻弄するエルフの剣士攻撃力1400 守備力1200

レベル4

このカードは攻撃力1900以上のモンスターとの戦闘では破壊されない。

守備表示にしておけば、攻撃力3000のラヴァゴには破壊されないしダメージも受けない。

ラヴァゴデッキにおける壁エースです。

ただ、破壊・除去耐性はなく、守備力も1200しかないため、攻撃力1300~1800のモンスターには倒されてしまうので万能ではないですね。

1ターンだけなら、「ディフェンス・チャージ」で守備力を上げられます。

ホーリーライフバリアー通常罠

手札を1枚捨てて発動できる。このターン、相手から受ける全てのダメージは0になり、自分のモンスターは相手モンスターとの戦闘では破壊されない。

手札1枚というコストはあるものの、そのターンは一切のダメージを防げる守りの切り札。

攻撃反応罠ではないので、仮に伏せているこのカードを破壊されそうになっても、発動してしまえばOK。

■戦術

カイトロイド×ラヴァゴデッキの戦術はとてもシンプル。

・相手がモンスター2体だしたら、ラヴァゴ出す

・あとはひたすら守りに入って、相手のライフを削り切る

これだけです。

デュエルが長引く上に、ひたすら攻撃を防いで効果ダメージで削るといううざすぎる戦法ですね。

「トリックスター」のような可愛さも皆無という。

けれど、弱点も多いです。

①ラヴァゴをリリースされる恐れがある

②デッキがばれたら、相手がモンスターを2体出してこないかも

③防御カードが尽きたり手札にこなかったりしたらやばい

攻撃力3000を相手に立たせるリスクと、ラヴァゴを対処されたらきついという大きな弱点。

そのための「アマゾネスの剣士」ですが、これだけでは心もとないですからね。

ただ、初見の相手にはそこそこの強さを発揮します。

■注意

そんなカイトロイド×ラヴァゴデッキですが、1つだけ注意。

一部のネットユーザーにはラヴァゴ主軸のデッキは「害悪」と呼ばれ、嫌われています。

リアルの友人とデュエル時は、あまり使わない方がいいかもです。

遊戯王OCGの可愛いカードたちを選んでみた~百合からセクシーお姉さんまで~

『遊戯王 デュエルリンクス』マジシャンガール&サイマジデッキレシピ(チョコマジガール使用)

(あにぶ編集部/星崎梓)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9226144