ひとつ屋根の下の日常系アドベンチャー!! 身長12cmのスパルタJK×ひきこもニート

小さいノゾミと大きなユメ(1)』(著:浜弓場 双)

350ml缶片手に読んで!

ビールでもチューハイでもコーラでもいいので350ml缶で何かを飲みながら読んでいただくと、本作はより一層楽しめると思う。2人のヒロインが抱えるそれぞれのリアルがよくわかるはずだ。『小さいノゾミと大きなユメ』は、この題名のとおり、ゆるく優しくかわいいマンガだ。


小さい女子高生と、大きなニート

舞台はとあるワンルームのアパート。ヒロインの“小岩望実”は高校2年生……いま、なぜだか記憶がない望実にはそれ以上の情報がない。大変。でもそれより大変なのは望実のカラダだ。

本人もなんでだか全然わからないけれど、身長が12cmしかない。おつまみの乾き物がクリーチャーに見える。後ろに並ぶ空き缶も発泡酒のそれだし、なんだこの宅飲み会場みたいな場所は……?

こちらがこのお部屋の住人。大きい。彼女は“大久保由芽”。ニート歴1年のお酒好きな22歳。毎日ひとりぼっちで発泡酒を飲み、ゴミを置きっぱなしにしながらワンルームの自宅にひきこもって暮らしている。そんな汚部屋で、望実はせっせとサバイバル生活を送っているのだ。これがリアルで楽しい。

まず「ごはん」。先に紹介したように、この汚部屋で乾き物はカンタンに手に入るが、望実はご飯やドーナツなんかの炭水化物が食べたい。ゴミ袋の山を越えつつ部屋を探すと……?

あった! でも厳しいもんがある……。それにこれが床に転がっているのは結構大変な状態だと思う。次は「寝具」。今はとりあえずビニールにくるまって眠っているが寝心地は最悪。

あるかなー?

のっぴきならない状況とはいえ、12cmになったとはいえ、絶対に譲れないものがそこにある。しかし望実は生活能力が高いようで極力「衛生的に」暮らそうと知恵とガッツを振り絞る。12cm向けのお風呂なんて当然ないけれど、望実は……? こんなふうに「急にちっちゃくなっちゃったらどうする!?」な奮闘記があれこれ楽しめる。

でも本作はそれだけではない。そう、もう1人かわいくて大事な人がいる。この部屋の住人であるニートの由芽だ。彼女は現在ひきこもりでもあって、この描写もやっぱり「奮闘記」なのだ。

お先真っ暗系女子が「外」に出るとき

由芽は1年前に仕事をやめた。今は1日中発泡酒片手に家でごろごろ。

この状況がよくないことを由芽は知っているけれど、今はとにかく全部「見なかったこと」にして日々をやり過ごし中。だから携帯に誰かから連絡が来たらギョッとするし、それが母親だったりするとなおさら憂鬱に。

故郷の方言が出たり引っ込んだりの言葉づかい。発泡酒をすすりながら母親や将来をふと考える表情。いろんな描写がすごくいい。で、いろんなことを「見なかったこと」にしている由芽は、自分の部屋に”何か”がいることに気づいてしまう。そう、めっちゃサバイバルしまくってる12cmの望実だ。酩酊しているから? 人生がいよいよ煮詰まってきたから? っていうか何がいるの? トラップを仕掛け、息を潜め、お酒をあおる由芽。
望実は望実で「巨人にバレる!」とゴミの間を逃げ隠れするが……?

とうとう対面。お互いパニック! でも、2人は協力態勢をとることになるのだ。

自分だって記憶喪失だし、生き残らないとどうにもなんないし、もうなんだってやるぞという望実のど根性。かわいい。

ほんの些細なことすら超大変になっている由芽は、「小さくて可愛い女子高生がお先真っ暗なウチを助けてくれる」と信じて少しずつ変わっていく。こっちもかわいい。

キュッとシャープな容姿でポジティブな望実と、ふわふわで甘えん坊な由芽。2人はしばらくワンルームで一緒に暮らすことになりそうだけど、お互いが抱える「トラブル」が解消されるといいなあ。頑張れ!

レビュワー

花森リド

元ゲームプランナーのライター。旅行とランジェリーとaiboを最優先に生活しています。

本の紹介

小さいノゾミと大きなユメ(1)

目を覚ますと身長12センチの体になっていた女子高生・小岩望実(コイワノゾミ)が命からがらたどり着いたのは、ひきこもニートの大久保由芽(オオクボユメ)が住むアパートの1室。空き缶やゴミの散らばるユメの部屋だが、記憶も行くアテもないノゾミは当面その部屋でこっそりと暮らすことに決め……!? てのひらサイズの女子高生がワンルームで繰り広げる日常系アドベンチャー!

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9170098