シビあこ(しびあこ)


シビあこ(しびあこ)とは、「そこにシビれる!あこがれるゥ!」の略語。主に、相手を称賛する際に使われる。

意味

「そこにシビれる!あこがれるゥ!」の略語。主に、相手を称賛する際に使われる。元ネタは、少年漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第一部。悪役・ディオが、主人公・ジョジョの恋人であるエリナに無理やりキスをして、取り巻きたちに「さすがディオ! おれたちにできないことを平然とやってのけるッ。そこにシビれる! あこがれるゥ!」と絶賛された。

ディオがとても魅力的な悪役だったこともあり、掲載当時から称賛のフレーズとしてよく使われるようになっていた。

広まったきっかけは?

“シビあこ”と略した言い方が広く知られるようになったのは、マンガ『ヲタクに恋は難しい』にて、主人公・成海と幼馴染・宏嵩が何気ない会話の中で「シビあこ」とカジュアルに使用したことが発端である。一瞬意味が分からなかった多くの読者が検索エンジンに答を調査させる事態となった。ディオのような悪行はするべきではないが、人のまねできないよい行いで“シビあこ”と称賛されたいものである。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9224653