仮面ライダーゼロワン&ジオウが身に着ける時計やジクウドライバーも登場 スイス時計会社ファーブル・ルーバ特別展示にて

スイス時計会社ファーブル・ルーバの『仮面ライダー 令和・ザ・ファースト・ジェネレーション』特別展示が、12月1日(日)から26日(木)まで東武百貨店 池袋店 6F時計サロンで開催される。

『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』は『仮面ライダーゼロワン』と『仮面ライダージオウ』の冬の新作映画。スイス時計会社ファーブル・ルーバの特別展示では、同映画の劇中で飛電或人/仮面ライダーゼロワン(高橋文哉)と常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(奥野壮)が着用している同社製の時計が展示・販売される。
「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

『仮面ライダーゼロワン』飛電或人が着用するレイダー・ディープブルーは、2016年に現行モデルが登場。ファーブル・ルーバを代表する、未来のデザインをまとう機械式ダイバーズだ。
レイダー・ディープブルー
レイダー・ディープブルー
ディープブルー(非売品)
ディープブルー(非売品)

また、『仮面ライダージオウ』常磐ソウゴが着用するレイダー・シーキングは、2018年に現行モデル、1950年代にオリジナルモデルが登場。「時の王」をコンセプトとしている。
レイダー・シーキング
レイダー・シーキング

このほか特別展示には、『仮面ライダージオウ』のウォズが所有する本“逢魔降臨歴”と、常磐ソウゴが着用した変身ベルト“ジクウドライバー”、“ライドウォッチ”もお目見えする。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9228053