岡田将生、ハライチ澤部佑が小学生に変身して『ポケモン』を熱くプレゼン!『ソード・シールド』新TV-CM シリーズ順次放送開始

株式会社ポケモンは、俳優・岡田将生と芸人・ハライチ澤部佑を起用した、シリーズ最新作『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』(対応機種:Nintendo Switch)の新 TV-CM「すれ違い篇」、「クリスマスの説得篇」の放映を12月7日(土)より、「本当の気持ち篇」を 2020年1月4日(土)より開始する。

同CMは小学生役の岡田将生とハライチ澤部佑が、『ポケットモンスター ソード・シールド』の「新たな魅力」や「昔から変わらない面白さ」を学校、電車、ゲーム売り場など様々なシーンでお互いや周囲の大人にアピールする姿がコミカルに描かれる。プライベートでも仲の良いという二人掛け合いにも注目だ。

■CM ストーリー

・「すれ違い篇」 (15 秒)
放課後、学校の廊下を走っている岡田少年と澤部少年。岡田少年が澤部少年に最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』のバトルシーンの魅力や進化の面白さを熱く語るも、澤部少年は過去の『ポケットモンスター』シリーズのゲーム画面を想起しているため、イメージが噛み合わない。

「すれ違い篇」

「クリスマスの説得篇」 (15 秒)
ゲーム売り場で『ポケットモンスター ソード・シールド』を買ってもらおうと母親を説得する澤部少年。その横で澤部少年をコーチするように助言する岡田少年。

「クリスマスの説得篇」

・「本当の気持ち篇」 (15 秒)
電車に横並びで座って『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイする岡田少年と澤部少年。横に座る男性会社員が興味深そうに二人の Nintendo Switch を覗いています。岡田少年と澤部少年は、実はゲームをプレイしたがっている会社員の本心を見抜いたように、淡々と彼の気持ちを代弁していく。

「本当の気持ち篇」

メイキングエピソード・岡田将生・澤部佑インタビュー

Q. 新作で最初に登場するポケモン、サルノリ・ヒバニー・メッソンの中で冒険に連れていくなら?

A. 澤部&岡田:サルノリ!
澤部:昔だったらヒバニ―(ほのおタイプ)を選んでいたんですけど、大人になると変わりますよね。
岡田:僕も昔だったらみずタイプのポケモンを選んでいたんですけど、今は単純に緑がいいな…というのと、このかわいいサルノリがどういう風に進化するのか見てみたいと思いました。

Q. お二人は今回が CM 初共演でしたが、撮影のご感想を教えてください。

A. 澤部:一番最初の共演はドラマでしたが、バラエティーで一緒になることもあまりなく、久々にお仕事で会うということもあり照れがありました。ただ、普段から本当に仲良くさせてもらっているので、友達感は出てたんじゃないかと思います。
岡田:僕も同じで、昨日も「よろしくね」など(メッセージを)送ればいいのに照れて送れませんでした。プライベートでご飯を食べているので、自然な雰囲気の中でお芝居ができたなと思います。

Q. お二人の顔だけを CG 合成するという撮影でしたが、苦労された点はありますか。

A. 澤部:スタッフさんが細かく顔の向きなどを指示してくれてたので何の問題もありませんでしたが、僕が気持ち悪くならないか、出来上がりが心配です(笑)。
岡田:身体をあまり動かせないので、顔の向きの微調整など少し大変でした。ただ、基本的に普段ふざけてばかりで小学生みたいな会話をしているので、いつもの雰囲気がそのまま(シーンにも)出ていると思います。

Q. 「本当の気持ち篇」で面白かった掛け合いはありますか。
「本当の気持ち篇」より (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
「本当の気持ち篇」より (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

A. 澤部:小学生が大人の方をいじるという設定がクスリとくる楽しい感じですね。
岡田:普段電車であんなことはできないので、「もうちょっとサラリーマンをいじってやろうかな」という気持ちになりました。楽しかったです。

Q. 「クリスマスの説得篇」では澤部さんのアドリブもありましたが、お気に入りのテイクはありましたか。
「クリスマスの説得篇」 (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
「クリスマスの説得篇」 (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

A. 澤部:お気に入りのテイクはありません(笑)。僕のアドリブというか、仕掛けてきたのはそっち(岡田さん)ですからね!僕は自然とアドリブさせられて、苦しんでただけです。
岡田:「アイ ウォント」という台詞を「ワイ ウォント」と言っていたのもアドリブですか?
澤部:あれは言葉が出てこなかっただけです。でも「アイ ウォント」はグローバルでも行けますし、(この CM は)大阪でも流れるので「ワイ ウォント」でも行けると思うんですけどね。

Q. 「クリスマスの説得篇」では必死におねだりしていましたが、お二人が子どもの頃一生懸命おねだりしたものは?

A. 澤部:ポケモンのソフトを買ってもらう時は親におねだりしましたね。『ポケットモンスター 赤・緑』が出た当時、兄とどっちがどっち(のソフト)を買ってもらうかで揉めていたんですけど、母に「何とかしてくれ」と交渉して、無事欲しかった赤を買ってもらうことができました。
岡田:『ポケットモンスター 赤・緑』が出た時は、相当おねだりして買ってもらいました。その後に『ポケットモンスター青』が出たときは、おばあちゃんにおねだりをしたり、お皿洗いや掃除をしてちょっとずつ小銭をいただいたりして、やっと買えたのは覚えています。

Q. 「クリスマスの説得篇」では岡田さんがバシバシと指示を出していましたが、普段のお二人の関係性は?
「クリスマスの説得篇」より (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
「クリスマスの説得篇」より (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

A. 岡田:これはまた不思議で、ボケとかツッコミとか…してます?
澤部:ボケてますよあなた!(笑)10 年ぐらい付き合いがあるんですけど、若い頃は岡田さんがボケて、僕がツッコんでたイメージがあります。最近は大人になってきて、落ち着いてきたなという感じです。

Q. 「すれ違い篇」での印象的なシーンはありますか。

A. 岡田:澤部君が教えてくれたんですけど、(セット内の)習字の文字が全部ポケモンにつながる言葉ということに気付いてから「おっ!これもだ、これもだ」と発見があって驚きました。

「すれ違い篇」より (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
「すれ違い篇」より (C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

澤部:それから全部の小道具に意味があるのかと思い、給食の献立表なども全部調べ出したんですけど、特になくて(笑)。でもそういった細かいところにもこだわっているのがすごいなと思いました。

Q. 実際に小学生に戻ったらやりたいことは何ですか。
A. 岡田:今英語の授業があると思うんですけど、小学生のうちから英語を勉強できるのは羨ましいなと思いますね。
澤部:当時はあまり表に(気持ちを)出していなかったので、恋がしたいですね。

Q. 子どもの頃のポケモンに関する思い出などありますか。

A. 岡田:ケーブル通信をしないと進化しないポケモンがいた時、仲の良い友達との通信を優先したいと頑固になっていたのを覚えています。
澤部:「カビゴンみたいだな」とよく言われていました(笑)。あと撮影中も話していたのですが、「何のポケモンが好きだった?」という話をしていたら、お互い共通してギャラドスだったんです。
岡田:男の子はみんなギャラドスが好きだったし、コイキングのレベルを一生懸命上げるのは誰もが通る道ですよね。
澤部:こうやってポケモンについて思い出すだけで、一瞬で童心に帰れて楽しいですね。

Q. 『Pokémon GO』などポケモンに関連する最近のエピソードがありましたら教えてください。

A. 澤部:妻が『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』をプレイしていました。
岡田:『Pokémon GO』はプレイしていました。海外に行った時も『Pokémon GO』で遊んでいたのですが、現場の監督が「岡田君、あそこにメタモンがいるよ」と教えてくれてみんなで捕まえに行くなど、盛り上がりました。

Q. 『ポケットモンスター ソード・シールド』の PV を見ての感想をお願いします。

A. 澤部:グラフィックの進化もありますが、広いフィールドでの冒険やバトルシーンでの駆け引きなども楽しそうですね。相方の岩井はポケモンが大好きなので、ハライチのリーダーを決めるためのバトルが始まるかもしれません。
岡田:ポケモンが巨大化するなど迫力満点なバトルシーンはすごく面白そうですね。天気が変わると出現するポケモンが変わるという設定もやり込み要素があって楽しそうです。

インタビューでも普段の中の良さが伝わってくる。息のあったCMを見て、大人も子ども気分に戻ってみよう。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9237733