選挙目前! 正崎達は証拠を掴めるか!? アニメ『バビロン』第6話あらすじ&先行カット

TVアニメ『正解するカド』シリーズ構成、劇場アニメ『HELLO WORLD』脚本などで知られる小説家・野﨑まどによる”読む劇薬”と話題の同名小説(講談社タイガ刊)を原作とし、10月より放送中のアニメ『バビロン』。主人公である東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。時を同じくして東京都西部に新たに誕生する「新域」と呼ばれる独立自治体をめぐって世界を震撼させる事件が勃発する。そして、その背後で妖しく蠢く謎の女の影——。「正義」とは何か、「悪」とは何かを問う問題作の最新話、第6話よりあらすじと先行カットを紹介する。

<第6話「作戦」>
域議選挙まで残り3日を切り、齋が出演する公開討論が目前に迫っていた。正崎達は必死に捜査にあたるが、齋を逮捕できる証拠をいまだ掴むことができない。そんな中、九字院の言葉から正崎はある作戦を考える。


<スタッフ>
脚本:安永豊/絵コンテ:小嶋慶祐、木村延景、鈴木清崇/演出:荻原露光/作画監督:川口弘明、鈴木信一、輪和、葛歓

(C)野﨑まど・講談社/ツインエンジン

●アニメ『バビロン』
<放送情報>
TOKYO MX 毎週月曜22:00~
BS11 毎週月曜24:00~
AT-X 毎週月曜24:30~
(リピート放送:毎週水曜16:30~/毎週土曜8:30~)
※放送日時が変更になる場合があります。ご了承ください。
Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信
<イントロダクション>
「その啓示は、静かにそっと訪れる―」
東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。
時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始め――?
<キャスト>
正崎 善:中村悠一
曲世愛:ゆきのさつき
九字院偲:櫻井孝宏
文緒厚彦:小野賢章
瀬黒陽麻:M・A・O
守永泰孝:堀内賢雄
半田有吉:興津和幸
野丸龍一郎:宝亀克寿
齋開化:置鮎龍太郎
<スタッフ>
原作:野﨑まど『バビロン』シリーズ(講談社タイガ刊)
監督:鈴木清崇
キャラクター原案:ざいん
キャラクターデザイン:後藤圭佑
音楽:やまだ豊
アニメーション制作:REVOROOT
製作:ツインエンジン
主題歌:Q-MHz feat. uloco. 『Live and let die』

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9157447