高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』第1弾ゲネプロレポート!


音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(通称:ヒプマイ)の舞台化第1弾が2019年11月15日より上演。高野洸さん、阿部顕嵐さんらが出演した本作のゲネプロレポートをお届けします。

これぞ2.5次元!? ヒプマイの世界が現実に

ヒプマイの舞台化第1弾となる、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-。
本作は、イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”とヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”を中心に描かれ、さらに舞台オリジナルとなる「アカバネ・ディビジョン“North Bastard”」も登場すると予告されていました。

幕開け後、まず目を引くのは「ディビジョン・ダンス・バトル“D.D.B”」の圧巻のダンスパフォーマンス。
さらに“Buster Bros!!!”、“MAD TRIGGER CREW”、“North Bastard”の3ディビジョンが登場し、ヒプステのメインテーマ「Gimmie The Mic」が披露されます。
「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」のリリックも取り入れられたメインテーマに、会場は一気にヒプマイの世界へ塗り替えられていきます。
(125994)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan1

(126009)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan
ストーリーは、ラップバトルの予選ブロック2回戦、“Buster Bros!!!”が勝利するところから始まります。
一郎が大好き過ぎていつも張り合う山田二郎(松田昇大さん)・三郎(秋嶋隆斗さん)とそれを一喝する一郎(高野洸さん)の三兄弟の姿は、まさに“Buster Bros!!!”おなじみのやり取り。

負けた腹いせに勝負を仕掛けてきたチームを、兄弟一丸となって蹴散らします。
(125996)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan2
一方、ヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”も別の予選ブロックに出場していました。決勝進出をかけた3回戦でステージ中の彼らを音が止まってしまうというハプニングが襲います。
しかしそんなハプニングなどものともしないのがヨコハマの強さ、圧倒的な勝利を収めます。

気だるげに煙草を吹かす碧棺左馬刻(阿部顕嵐さん)、キレる左馬刻をたしなめる入間銃兎(水江建太さん)に、採れたてのコウモリとネズミを振る舞おうとする毒島メイソン理鶯(バーンズ勇気さん)のやりとりも、“MAD TRIGGER CREW”ならでは。
(126003)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan3
順調に勝ち上がる2ディビジョンですが、イケブクロの次戦の相手、アカバネ・ディビジョン“North Bastard”には何やら不穏な噂があるようで……?

オープニングではディビジョンカラーを取り入れた“D.D.B”によるダンス、またヒプマイの荒廃した世界を映像で表現するなど、舞台ならではの多彩な演出方法に驚かされます。
ヒプノシスマイクやスピーカーの表現にも映像が使われており、各キャラクターごとに違っているのも見どころの一つ。目でも耳でも楽しめる舞台となっています。

舞台オリジナル「アカバネ・ディビジョン“North Bastard”」の暗躍

イケブクロ・ヨコハマの2ディビジョンに負けず劣らず、本舞台のキーマンとなっているのが舞台オリジナルとなる「アカバネ・ディビジョン“North Bastard”」です。

本当は2回戦で敗退したはずが、対戦相手が失格となり繰り上がりで3回戦に進出したという“North Bastard”。
敗退後にメンバーを入れ替え、野良バトルで強豪チームをいくつも再起不能にしているという噂も。
そのメンバーは、元は薬の売人であり左馬刻に恨みを持つ狐久里梁山(南部海人さん)、軍でヒプノシスマイクの研究に従事していた過去を持つ蛇穴健栄(松浦 司さん)。さらに一郎の幼馴染である堂庵和聖(岸本勇太さん)の3人。

イケブクロとアカバネが対決する3回戦。驚愕と波乱のバトルの幕が開いて……!!
(126002)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan4

拳を突き上げろ!! ライブで盛り上がれ!!

2部は、ライブステージとなっています。
来場特典のオーディエンスキットに含まれている「ヒプマイホーン」もここが出番です。

“D.D.B”によるダンスパフォーマンスの後は、各ディビジョンが登場し、それぞれのディビジョン曲を披露。
1部でも披露された舞台オリジナルの楽曲に、自然と拳を突き上げライブに酔いしれること間違いなし。
キャストたちも客席を縦横無尽に動き回り、まさに会場全体でステージを盛り上げます。
(126006)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan5
ラストは全員でメインテーマ「Gimmie The Mic」!!

2020年春にはシブヤ・ディビジョン“Fling Posse”とシンジュク・ディビジョン“麻天狼”を中心とした第2弾『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-の上演も決定。
今後の舞台の行方も気になるところですね!

次ページからはギャラリーです!

ギャラリー

(126020)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan12

(126017)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan9

(126016)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan8

(126019)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan11

(126009)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan10

(126009)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan14

(126009)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan15

(126009)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan13

(126009)

高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』写真画像numan6

公演概要 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-

■期間・劇場 2019年11月15日(金)~12月1日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
■原作 EVIL LINE RECORDS
■演出  植木 豪
■脚本  亀田真二郎

■キャスト
イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!“
山田一郎:高野 洸
山田二郎:松田昇大
山田三郎:秋嶋隆斗

ヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW“
碧棺左馬刻:阿部顕嵐
入間銃兎:水江建太
毒島メイソン理鶯:バーンズ勇気

アカバネ・ディビジョン“North Bastard“
堂庵和聖:岸本勇太
狐久里梁山:南部海人
蛇穴健栄:松浦 司

ディビジョン・ダンス・バトル“D.B.B“
Toyotaka
RYO
gash!
SHINSUKE
HILOMU
Dolton
KENTA
GeN
松永一哉

■主催  『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会

公式サイト   https://hypnosismic-stage.com/
公式Twitter   https://twitter.com/hm_rtstage

Ⓒ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会
(126009)

舞台ヒプマイ開幕! 高野洸、阿部顕嵐らキャスト&演出家コメント発表
舞台『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-が、11月15日より開幕! 初日公演を迎えて、山田一郎役・高野洸さん、碧棺左馬刻役・阿部顕嵐さんといったキャスト6名と、演出家・植木豪さんのコメントが発表されました!

(126009)

【ヒプマイまとめ】キャストインタビュー、用語集、ライブレポート&イベントレポートを一気読み!
音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』(通称/略称:ヒプマイ)。世界観やキャラクター考察、キャストのインタビューやライブレポート、イベントレポートなど、numanに掲載されているヒプノシスマイク関連の人気記事をすべてこちらにまとめました。ヒプノシスマイクを知らない人も、どっぷり沼に浸かっている人もぜひチェックしてください♪(2019年11月26日更新)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9228063