魔法に失敗、亡くなった父は“足だけ”復活!? 「2分の1の魔法」予告&ポスター公開

魔法があふれていた昔、魔法が消えかけている現在が対照的な“2分の1”ずつの ポスター
魔法があふれていた昔、魔法が消えかけている現在が対照的な“2分の1”ずつの ポスター
(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 ディズニー/ピクサーの最新作「2分の1の魔法」の予告編とポスタービジュアルがお披露目された。ポスターには神秘的な魔法が満ちあふれていた昔、科学や技術が進歩して魔法が消えかけている現在という対照的な世界が、2分の1ずつ描き出されている。

ダン・スキャンロン監督(「モンスターズ・ユニバーシティ」)がメガホンをとり、若い頃に父を失ったという自身の体験をもとに、イマジネーションあふれる物語を紡ぐ本作。トム・ホランド(「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」)とクリス・プラット(「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」)がボイスキャストを務めた。

魔法が消えかけた世界に暮らす少年イアンは、自分に自信が持てず、何をやっても上手くいかないことばかり。彼の叶わぬ願いは、生まれる前に亡くなった父に会うことだった。やがて16歳の誕生日を迎え、父が母に託した魔法の杖と、父を24時間だけ蘇らせる魔法が記された手紙をプレゼントされる。

予告編には、イアンが魔法に失敗した結果、父が“足だけ”の姿で復活してしまう衝撃の光景が。タイムリミット24時間で父を完全によみがえらせるため、イアンは魔法オタクで陽気な兄バーリー、洋服で上半身を補った足だけの父と未知の冒険に出かける。イアンが父の足にそっと手を添える場面や、「やっぱり父さんみたいにはなれないよ」と落ち込むイアンをバーリーが「父さんならきっとこう言う、自分を信じろ」と励ますシーンなど、家族の強いきずなが切り取られている。

ポスターはイアンが握る魔法の杖を境に、2つの世界が写し出されている。昔の風景が広がる左半分ではペガサスが優雅に空を舞い、人魚やフェアリーが自然の中で生き生きと暮らし、魔法使いの姿も確認できる。しかし、右半分に描かれた現在では、道端でゴミをあさるペガサス、ビニールプールでサングラスをかけてくつろぐ人魚、暴走族となったフェアリーが活写され、コントラストが鮮やかなビジュアルに仕上がった。

「2分の1の魔法」は、2020年3月13日に全国公開。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9225958