6mのポケモン『ラプラス』が宮城に出現! クリスマスピカチュウも登場!

宮城県は、2019年10月から2020年3月まで、みやぎ応援ポケモン『ラプラス』との観光キャンペーン『ラプラス プラス 宮城巡り』を展開中。

今回は、仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」協力のもと、みやぎ応援ポケモン『ラプラス』と、東北全体のこどもたちを笑顔にしていく活動「POKÉMON with YOU」との連携による特別イベントが決定した。

2019年12月13日(金)から12月25日(水)までの13日間は、勾当台公園(いこいのゾーン)に約6mの巨大なラプラスバルーンが登場する。これは日本初の大きさとなる。

また、2019年12月13日(金)から12月15日(日)の3日間、勾当台公園(野外音楽堂、いこいのゾーン)に、ピカチュウオーナメントに願い事を書いて飾り付けすることができるポケモンクリスマスツリーが展示され、クリスマス衣装を身に着けたピカチュウたちが会場を行進する。
ピカチュウたちはポケモンクリスマスツリーの前に集合し、参加者への記念撮影なども行われる。さらに、先着15,000名の来場者にはピカチュウサンバイザーがプレゼントされる。

開催時間や設置時間などの詳細は、『ラプラス+宮城巡り』の公式サイトを確認しよう。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9224658