NHK(えぬえいちけー)


NHK(えぬえいちけー)とは、「二の腕(N)引っ張って(H)キス(K)」の略である。

意味

一般的には日本放送協会の略だが、いわゆるJK用語(若者用語)としての“NHK”は「二の腕(N)引っ張って(H)キス(K)」の略である。去ろうとした相手の腕をつかみ、自分の方に引き寄せ半ば強引にキス…という状況を指す。
“顎クイ”や“股ドン”などと並ぶ、胸キュンシチュエーションと言われている。

“NHK”の意味はこれだけじゃない

NHKはほかにも様々な意味を持つ。
2009年に発表されたgooランキング「意味が分からない略語、若者用語ランキング」では3位に“NHK”がランクインしているが、このときは「何か(N)変な(H)感じ(K)」の略であった。また、2001年より小説連載、2007年にはアニメ化もされた滝本竜彦氏著『NHKにようこそ!』という作品があり、ここでの“NHK”は「日本引きこもり協会」という架空の協会名の略称である。

さまざまな意味に変化してきた“NHK”。使い方で年代や指向がバレてしまうかもしれない。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9150564